福井市の有益なお話

福井市の基本を考える

福井県福井市の人口推移について

福井市は福井県の県庁所在地です。福井市の人口は統計を取りはじめた1889年には39,863人でした。その後は小さな増減を繰り返しながら徐々に増加し、1936年には75,273人と、約半世紀の間に倍増しました。翌1937年には94,473人と急増し、その後はゆっくりした増加が続いて1944年には101,377人となり、福井市は初めて10万人都市となりました。第二次大戦が終結した1945年には45,433人へと急減し、前年の半分以下の人口となりました。その後は戦後の復興と共に急増し、1951年には戦前の最大人口を越え、104,386人となりました。そして順調に増加を続け、1966年には168,606人となり、翌67年には193,455人と急増しました。1970年には199,541人となり、翌71年には217,708人と初めて20万人を越えました。その後も漸増を続けましたが、1989年の252,503人辺りから安定状態となり、1996年から2005年にかけては254,000人台で推移しました。2006年には271,417人と初めて27万人台に乗せましたが、その後は漸減に転じ、2014年には264,902人となっています。福井市では今後も人口の減少が予想されていますが、全国平均から見るとその数値は緩やかで、2020年には約25万人、2030年には約23万人と推測されています。

福井市の得する情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 福井市の基本を考える. All rights reserved.